iPhoneな日々

iPhone4から使い続けてiPhone歴9年の私がiPhoneの良いところをお伝えするブログ。

iPhoneを裸持ちしたい人が気をつけること。裸族への道。

 

目指せ裸族への道。決してイヤらしい意味ではない。

 

夜に出回ってるiPhoneケースは山ほどあるが

そんなにみんながケースにやっ気になってるときこそ裸族でいたいというひねくれ者の私の時期があった。

 

 

 

iPhoneにケース。。。

 

iPhoneのケースはおしゃれの意味合いもあるが傷防止や落としたときの画面割れを防ぐ目的もあるだろう。

私は双方を大事にしていたのでおしゃれかつiPhoneが丸々1周守られているタイプのものを好んで使ってきた。

充電部分やボリュームボタンなどもケースで覆われているタイプのものだ。

いわゆるシェルカバータイプと言われるものは落とした時に結局iPhoneが傷ついてしまうものが多いので。

 

裸族になると守りの部分は全て失われる。

しかしそれと裏腹にどんなケースでも勝つことの出来ない究極の美しさを手に入れることができる。

iPhoneのデザインは他のスマホと比べても郡を抜いている美しさだと私は自負している。

 

 

 

裸族にした時に迷うのは画面保護フィルムをつけるか否かだ。

 

私が裸族をしていたのはiPhone7plusの時とiPhoneSEの時だがSEの時はフィルムを付けていなかった。

SEは大丈夫だが7plusは落とすのが怖かったのだ。

裸族の状態で落としたら画面は地面の素材にも寄るが50%以上の確率で割れてしまうだろう。

2回に1回は割れる気がする。

これは大きいiPhoneであればあるほど割れる確率も上がると思っている。

その理由としては重いのもあるが

スマホの画面が割れる原因として、ガラス面に衝撃が加わることよりもスマホの角から落ちることでスマホが曲がり(すなわちガラス面も曲がる)それによって画面が割れるのだ。

すなわち大きいサイズのiPhoneのほうが画面の面積に対して薄さの割合が薄めなので落とした時に曲がりやすいと考えている。

 

少し長くなったがこういう理由から大きいサイズのiPhoneには最低でもガラスフィルムはつけておいたほうがいいと考える。

SEクラスのものは多少落としたくらいでは割れないと思っている。

ていうか割れたことが私の経験上は無い。

 

 

 

あとはバンカーリングか。

 

これに関してはこんなものをつけるくらいならケースのほうが100倍マシだと思っている。

あれはデザインが大幅に損なわれるし、机の上などにおいた時にiPhoneがガタガタの動いてしまうので平らなところにおいたまま操作がしづらくなってしまう。

スタンドになるというメリットには大いに賛成なのだがそれ以外のデメリットが多すぎる。

いちいちリングを開いて指を入れてからiPhoneを操作というのもどう考えてもスマートではない。

てことでバンカーリングは100%無し。

 

 

結果をまとめると裸族になるには

ケース無し(当たり前)

保護フィルム 大きいサイズのiPhoneはつけたほうが安心。

バンカーリング 100%無し

 

となる。

これは私の考えなので、究極の裸族はもちろん買ったばかりのiPhoneをそのまま使うことだ。

スティーブ・ジョブズもそれを一番喜ぶだろう。

こんな感じにiPhoneがなったらとても美しくないか?

ジョブズiPhoneと言われている写真。

f:id:asakatomoki:20190614111458j:plain

鍵とかと一緒にポケットに入れていたらしい(笑)

流石に私はそこまでは出来ないなぁ(笑)

 

 

私がSEを裸で使おうと決めた理由の写真がこちら。

当然ここまでキズだらけになることはなく今もピカピカである。。。

f:id:asakatomoki:20190614111702j:plain